男性

寺下史郎についてわかる|ビジネスにおいて必要なこと

理解して参加しよう

スーツの男女

春になると企業には新人として新たな社員が入社します。新人社員は会社についてほとんどわからないため、社員の人が指導をしなければなりません。そのため多くの企業では新人社員に向けた新人社員研修を行なっています。

新人社員研修の目的としては2つの事が考えられます。まず1つ目は社員のマナーを向上させることです。初めて社会人になって日が浅くまだ学生でいた時の気分が抜けてない人も沢山おり、まだ社会についてわからないことも多いのです。そのため、新人社員研修において社会人として最低限のマナーを身につけさせることで、取引先やお客様などに失礼のない態度がとれるようになります。それにより、満足のいくサービスを提供できると共にクレーム防止にも繋がるのです。そして2つ目は営業力に必要なスキルをアップさせることです。企業にとって営業はとても重要なものであり、営業を行うことで取引きを成功させたり売り上げに繋げたりできるのです。この研修で営業マンとしてのスキルを磨き営業力を向上させることで企業にとって心強い戦力となるのです。このように、新人社員研修を行うにもきちんとした目的があるため、きちんと内容を理解した上で研修を受けるようにしましょう。

新人社員研修を行う期間や時期は企業によって異なり短い期間であれば2週間で終わりますが、長い期間だと1ヶ月かけるところもあります。また、入社してからすぐ研修を行なった方が身につくのが早いとして、入社してから1週間以内で研修を始めるところも多いです。

Copyright© 2016 寺下史郎についてわかる|ビジネスにおいて必要なこと All Rights Reserved.